外壁塗装と火災保険の関係性〔茨城県龍ヶ崎市〕

近年は地震や台風、大雨、突風などの自然災害も多く発生しています。災害に強い家づくりを行うことももちろん必要ですが、災害に遭った場合どう住宅を今まで通りの形に復旧するのかも大切です。そして皆さんが多く加入している火災保険でも、外装塗り替えにも適用される場合があることを、ご存知でしょうか。

火災保険というネーミング上、外装塗装との結び付きに疑問を感じる方もいらっしゃるかもしれません。火災保険はさまざまなタイプがあり、住宅のいろいろな場面でしっかりサポートしてくれる保険なのです。

今回は火災保険の種類や外装塗装に適用される場合の基準など、幅広く解説します。

コラムのポイント

・火災保険にはいろいろな種類があります。しっかりと把握して自分たちのライフスタイルにあう保険をセレクトしましょう。

・外装塗装を含めて、火災保険を使用する場合には基準が存在します。しっかりと把握して万が一の場合に備えましょう。

・万が一火災保険の適用が必要となった時、慌てないように流れを知っておきましょう。

火災保険にも種類がある

家族にとって我が家は生活の基盤となる大切な部分です。家族の日常生活を支えるだけでなく、さまざまな悪条件の生活環境からも守ってくれています。地震や台風、大雨などの災害の多い地域である日本。ずっと住み続けることでアクシデントに見舞われる可能性もあります。家族の命を守りつつ、家族の財産をも守るために万が一の備えをすることはとても重要です。

住宅を保有し維持していくためには、住宅や家族の生活を守るための「火災保険」や「地震保険」

住宅を安全に、快適に維持するための費用である「リフォーム・リノベーションなどの修繕費用」など、さまざまな費用が発生します。その中でも今回は、火災保険にスポットをあてて解説します。

火災保険の種類を知ろう

外壁塗装で火災保険を適用する場合には火災保険が大きな要素を持ち合わせています。火災保険を適用する方法の前に、火災保険の種類について確認していきましょう。

戸建住宅向けの火災保険は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

○ 住宅火災保険

○ 住宅総合保険

○ オールリスクタイプ

この3種類になります。どのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

住宅火災保険

住宅火災保険は最も一般的な火災保険となっています。火災による損害の他にも落雷・破裂・爆発・風・ひょう・雪災などが幅広く補償範囲に含まれています。3種類の中では最も保証対象が少なく、シンプルで入りやすい保険です。火災保険には追加のオプションを加えることも可能です。建物自体だけでなく家財などにも保険をかけ補償できるプランもあります。

住宅総合保険

住宅総合保険は住宅火災保険より補償範囲が広く設定されており、飛来物の落下・衝突・水濡れ・騒じょう・労働争議・盗難・水災などが補償範囲に含まれるようになります。住宅で想定されそうなアクシデントが幅広く想定されています。近年はこちらのタイプが主流になってきている状況です。こちらも追加のオプションを加えることも可能です。

オールリスクタイプ

近年のリスクの多様化、リスクへの対策への関心度に応えるために登場した、新しいタイプの保険です。オールリスクタイプは住宅総合保険よりもさらに手厚い補償範囲が特徴の火災保険となっています。損害保険を扱っている会社の特色が色濃く出る商品が多いのが特徴です。そのため補償内容も保険料も大きく異なります。

※保険会社によって内容は変化しますので、保険内容や補償内容をしっかりと確認しましょう。

2019年は茨城県でも台風での飛来物による建物への被害や大雨による水害など、災害により多くの被害が発生しました。そのことにより今以上に火災保険などの万が一の保険を重要視する動向が高まっています。保険の切り替えや保険更新の時に、今まで以上に慎重に自分たちの地域・風土・ライフスタイルにともなっているのかをしっかりと確認しましょう。

火災保険が適用される条件とは

台風によって、屋根瓦が壊れて雨漏りが発生。住宅に被害が出た。

強風に耐えられず、屋根材が飛んでいってしまった。

強風により他の建物から飛来物がぶつかり、建物に損害が発生した。

などさまざまなケースでの被害が発生する可能性があります。災害で外壁に損害を受けた場合など、火災保険の保険が適用されるケースがあります。オールリスクタイプは補償内容が各社異なっている部分も多いので、今回は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」のふたつを比較してみましょう。

ふたつの保険の災害被害は、どんなものが適用するのか

下の図は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」のふたつの保険はどのような災害に適用できるのかを一覧表にしてみました。

  住宅火災保険 住宅総合保険
火災
落雷
破裂・爆発
風災・ひょう・雪災
水害 ×
水漏れ ×
騒じょう ×
盗難 ×
外部からの物体の
落下・飛来物など
×

このように2019年の災害の被害を振り返ってみると、水害や飛来物での被害を補償してくれる住宅総合保険はかなり災害のリスクに対応できる可能性が高まります。

保険適用に重要なことは

保険で適用されるために重要なことは、災害を受けた建物であるという事実です。このいずれかの保険であっても、経年や老朽による劣化には補償されないという点です。外装塗装でよくある摩耗や変色、コケやカビなどの発生、金属部のさびの発生などは補償の対象とならないということです。

してはいけないことは、本当は補償される被害であるのにもかかわらず保険を活用できないことです。知らないでいることはその危険性を含んでいるといくことなのです。

火災保険を使うには認定される必要があります

火災保険は経年劣化などでは適用することは不可能です。しかし住宅は建ててから時間が経ってから被害にあうことも少なくはありません。劣化の状況を調査し、適用対象なのかを判断するということが必要となります。その判断は損害鑑定人が判断し、保険会社に報告されます。

外壁塗装を申請する方法

さまざまな災害で住宅に被害が発生した場合、一般的には下のような手順で行われます。

1.自分が加入している火災保険の内容を確認する。

  補償内容は火災保険の保険証書に記載されています。

保険証書や保険の約款など必要なものに目を通し、確認しましょう。

2.外壁塗装会社に連絡しましょう

  保険証書を確認し補償内容を確認したら、保険会社に連絡する前に外壁塗装会社に連絡してみましょう。

  火災保険での外壁塗装実績がある会社を選ぶことも大切です。外壁塗装会社に連絡を入れることで、事前の建物の調査や見積もりなど、被害の大きさを把握することも可能です。

  外壁塗装会社を間に入れることで専門家ならではの意見や、保険会社との橋渡し役になってくれる場合もあります。

3.保険会社に連絡をしましょう

  最終的な判断を下すのは保険会社です。加入の保険会社に連絡し、今一度どのような契約の保険に加入しているのかを確認しましょう。

その際に保険申請に必要な書類の準備や注意事項を確認し、必要であれば写真などの撮影も実施しましょう。

4.申請書を記入して、保険会社に提出しましょう

  被害内容を確認し、申請書を保険会社に提出しましょう。

5.保険会社による調査が行われます

適正な被害なのか、経年劣化ではないのかなど保険会社の調査が入ります。外壁塗装会社の方に依頼して立ち会ってもらうこともひとつの方法です。

6.保険会社の審査が実施されます

調査結果を基に保険の適用範囲内であるかを審査します。適用範囲内という判断が下された場合、所定の手続きにより保険金が支払われます。

このような、ステップを踏み火災保険の外壁塗装費用が認められます。

困った時には塗装のプロに相談

住宅に万が一のことが起こってしまった場合、気も動転してしまいしなければいけない手続きもおろそかになってしまう可能性もあります。そのため信頼できる塗装のプロに相談することも大切です。

信頼できるプロを選ぶために大切なことは、地元密着で展開している業者を選ぶこともひとつの方法です。地域密着で頑張っている会社の場合、一番大切にしていることはお客様との信頼関係です。お客様との信頼関係は簡単に築けるものではなく、時間もかかります。人の口には戸が立てられないとも言います。信頼に足るかどうかを判断するために、しっかりと自分の目で確かめること、そしてしっかりと判断することが大切です。

家のことなら何でも相談してください Totalsupportの大くんです

大くん

1.リーズナブルからお客様に安心を!

2.お客様にも工事にも、正々堂々と!

3.適正な安心価格を提供!

お客様に末永く愛され続ける会社でいられるように、大くんでは3つのポイントをお客様にお約束しています。

外壁工事を検討されている方は、建物の劣化状況や予算、仕上がりのイメージを基にお手伝いさせていただきます。

お気軽に『大くん』にお問い合わせください!

―――――――――――――――――――――――――――

株式会社 大くん

〒301 – 0033 茨城県龍ケ崎市佐貫町 3511

TEL.0297-86-7211 FAX.0297-86-7210

―――――――――――――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です